こんにちは⁽⁽ଘ( ˊᵕˋ )ଓ⁾⁾

 

いつも私のブログ【主婦のライフ】に訪問し、ブログを読んでいただき本当にありがとうございます。

 

ここまで続けられてこれたのも皆様が日々読んでくださり、応援のメッセージもくださるおかげでそれが糧となり続けられていると感じております。

 

どうぞこれからも引き続き女性が必要としている情報をまとめていきますのでよろしくお願い致しますm(__)m

 

さて、今回は子育ての中の悩みについての【ママ友の関係】まとめていきたいと思います。

 

私たちが学生の頃、母親たちは昔からママ友問題はあったのかもしれませんが、近年大きくテレビなどでママ友問題を取り上げている番組もあります。

 

社会問題の一つにもなってきているのか?わかりませんが、便利な時代になっていくにつれて昔は悩まなくてよかったことを悩まなければならなくなってきた時代に入ったのかな…と思います。

 

そんな【ママ友事情 小学校編】で今から上手く付き合うための方法などをまとめていこうと思います◔_◔

美容・トレンドファッション・ママファッション・トレンドメイク・ダイエット・スキンケア・豆知識・子育てなど…

 

女性が必要としているいろんな情報をまとめたブログ【主婦のライフ】です。

 

子育て以外にもそのほか気になる方は、トップページよりサイトマップからまたはわかりやすくカテゴリー別に分けているので、そちらからチェックしてみてください。

 

また、子育て関連で人気ある記事を最後にご紹介しておきますのでそちらもチェックしてみてくださいね♫

Sponsored Link

小学生になったらまずはPTA加入へ?

幼稚園、保育園から卒園されて、入学式を終えてご両親はとてもホッとしていることだと思います。

 

『子供がきちんと明日から登校できるのだろうか?』

『新しいお友達と仲良くできるのか?』

『給食を全部たべれるのだろうか?』…など。

 

いろんな不安がそれぞれあるかと思います。

 

親から初めて一人で行動するということは不安でもありますが、とても嬉しいことでもありますね₍ᐢ⸝⸝› ̫ ‹⸝⸝ᐢ₎

 

しっかりと勉強に友人関係といろんなことを学んで欲しいですね。

 

それとともにすぐ保護者には4,5月は学校行事がてんこ盛りのスケジュールなのです。

 

PTA総会、家庭訪問、授業参観、春運動会など…それぞれの小学校で違いがありますが、必ずあるのが【PTA総会】なのです。

 

PTA活動内容とは?

PTAとは、保護者と学校の教職員と連携しながらおこなっていく活動でもあるのでなくては成り立たないといってもいいでしょう。

 

子供たちのためのボランティア活動なのです。

 

PTAは任意加入ではあり、そこに加入するのかそれとも脱退するのかなどは義務化はされておりませんがだいたい100%に近いくらいで皆様どのご家庭も加入されている活動になります。

 

よって一家庭一人一役といったことでそれぞれの小学校に形成された委員会に入って一年間係活動として携わっていかなければなりません。

加入強制ではありませんが、皆さん加入されています。

 

子供たちも6年間生活してお世話になる学校ですので、お母さんたちも日々忙し中ですが子供たちのためにいろんな協力を皆さんでともにしていきたいですね!(^^)!

Sponsored Link

小学校PTA活動って頻繁にあるの?

さて最初のお子さんが小学校に行かれるお母さんはまず、

『子供の学校生活がうまくいくのか?』

『自分の子供は授業についていけるのか?』

だと思います。

 

それとともにもう一つ気になる部分は、

『お母さんたちもしくはお父さんたちのPTA活動はどんなことをするのか?』

『どんな行事があるのか?』

といった疑問や不安が多いかと思います。

 

お母さんたちも新しい環境に慣れるまで大変ですよね!!わからないことだらけなのです(´・ω・`)

 

 

それぞれの小学校によって活動は異なりますが、主な行事はこんな感じです↓↓↓↓↓↓

◉運動会の記念品の購入や決定またはその他の手伝い

◉校舎の清掃や草刈り

◉夏休みプール当番

◉横断歩道の見守りや地域のパトロール

◉いろんな講演会の準備や受付

◉PTA活動が主催となっている活動への参加

◉親睦会

 

いろんな行事が学校の授業参観とは別にあるのです。

 

しかしこの行事をすべてするのではなく、PTAに加入してそれぞれの役割分担でわかれている委員会に所属してそのお仕事にかかわっていくという流れです。

 

よってクラスが多ければ役割も分散されて一人の負担が減りますが、人数が少ない全校生徒数や学年であれば負担が大きくなる場合もあります。

 

子供のために活動していくので大変ではありますが、6年間は誰もが通る道なので気長に無理なく活動に参加していきたいものですね(#^.^#)

 

小学生ママ友の接点は減るの?親間でのトラブルなしの方法は3選!!

小学生になると保育園や幼稚園ほど頻繁に行事はぎゅっと減るので保護者間で会う機会はかなり減ります。

 

しかし、PTA役員や委員長、副委員長になるとどうしても話し合いが月に1回以上はあったり、行事ごとの各委員会のまとめなど話し合いがあるために集まりがあるので、立場によってそれぞれの接点の度合いはでてくるでしょう。

 

では、保育園や幼稚園とは違った子供たちも成長していく中でのお母さんたちの間の関係も違ってきます。

 

親での間のトラブルは極力避けたいというかないようにしたいものですね。

 

トラブルにならないためにも気をつけておきたいことをまとめてみます(^^)v

 

個人LINEは信頼できるママのみで!

 

今の連絡もツールというのが学校から支給されるのではなく自分たちで連絡先の交換をしなければなりません。

 

それが今LINEという無料通信アプリであります!!

 

連絡網を配布されないことから【LINEグループ】作成を先輩ママが進んで作られることもあるとか?聞いたことがあります。

私の学校も必ずクラス単位でLINEグループが作成されているのです!!

 

そこで最初は使い方わからずに、私用の内容をグループLINEに連絡していろんな問題があったとも聞きます。

何も送られてきて嫌な思いもしない方もいればその反対でプライベートのことは踏み込んでほしくないといった方もいます。

 

いろんな思いや考えを持つことは人間ですから絶対あります。

そこでトラブルがでてはお互い嫌ですよね!!

 

よって連絡とるときは個人間のメール、電話、LINEなどを使って連絡とりあうことをおすすめします(^^♪

 

子ども同士で遊ぶ時は時間を決めて!

小学生にもなると友達同士で遊ぶことが多くなってきます。

 

放課後や休日なんかは、子供同士で遊びだしここで成長を感じるご両親もいるのではないでしょうか?

 

 

待ち合わせ時間や場所は、低学年まだ確実にきちんと決めれなく結果その場所に来なかったということもありお母さんたち同士での連絡のやり取りをせざるを得ないこともあります。

 

しかし、中学年、高学年になってくると自分達で約束ができるのです(*^^*)!!

 

親間で連絡を取り合うのも結構大変で気をつかうこともあります。

仕事しているお母さんもいたり、生活スタイルがさまざまなのでその部分で気をつかいますよね!!

 

よって子供同士で約束させる習慣をつけて家庭間での規則も大切です。

 

子供の喧嘩はまず子供同士で解決させる!

大きくなるにつれて幼稚園、保育園時代とは違った子供同士のトラブルも大人同様に出てくるのは事実であります。

 

男の子は、成長とともに女の子よりも体格がよくなってスポーツも盛んになり蹴られたなど肉体的な喧嘩もまれにあります。

 

女の子は、基本的に精神面の成長が男の子より早く発達していく傾向があるので、言い合いのトラブルが多いようです。

 

 

そこで親が見ていないのに親自身が相手方の親に連絡したら一方的になると誤解が発生するのは確かです。

 

まずは、納得いくまで本人同士、話し合わせてそこから解決できないときは担任の先生に相談させてからその後の親の対応をとる方法がいいと思われます。

 

あくまでも私たち親であるのは、かわいい息子、娘を守りたい気持ちが強くその場面に出がちですが、逆効果になってしまうこともあります。

出しゃばってしまうと、子供同士では喧嘩は仲直りしたのに、親関係はぎくしゃくな関係になってしまうこともあります。

 

長い付き合いになっていく6年間もしくは中学校も同じであれば9年間となりますので、気持ちよく過ごしたいものですね(*^^*)

 

小学生ママ友のまとめ

いかがでしたでしょうか?

 

保育園・幼稚園を卒園してほっとしていているお母さんたちがほとんどですが、子供も新しいお友達や環境とともに、母親も新しいお母さんとの出会いが始まります。

 

はじめの付き合い方!!重要です。

 

転校しない限り校区内での小学校や中学校は決まっているので、だからこそ付き合い方がとても大事だと感じております。

 

お母さんたちも楽しくうまく生活していくためには、子供より親が目立ってはいけないのです!!

 

子供に影響が出てくる可能性があります!!

 

そうならないためにも上手く大人同士の付き合い方を行なっていきましょう!!

 

最後まで読んでいただき本当にありがとうございました。

この記事と一緒に読んでいる記事はこんな記事です↓↓↓↓↓↓↓