こんにちは(。>∀<。)

 

いつも私のブログ【主婦のライフ】に訪問し、読んでいただき本当にありがとうございます。

 

ここまで【主婦のライフ】を続けられたのも皆様が読んでくださるおかげだと日々感じております。

これからも引き続きブログを書き続けていきますのでどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

 

さて、今回は【子育て】の中の【ママたちの人間関係】についてまとめていきたいと思います。

 

私自身、学生の時から父の仕事の都合で転校ばかりしておりまして、人間関係にはかなり自身がありました。

結婚して子供ができ最初に深く関わらないといけない幼稚園に入園して子供の成長を喜んでおりました。

 

しかし、だんだんと関わっていく中で、子ども以外にも必ず【お母さんたちの関わり】が入ってきました。

子育ての最中、この人間関係に悩みに悩まされました。

 

『私がこんなことに直面するなんて…』と思うくらい多くのママ達が悩んでいる方またはこれから経験される方もいらっしゃるのではないでしょうか??

 

そこで、幼稚園に通わせるにあたってのいろんな付き合い方や注意点をこれまでの経験を通してまとめていきたいと思います!!

トレンドファッション・ダイエット・スキンケア・トレンドメイク・美容・豆知識・子育て方法など!!

女性が必要としているブログ【主婦のライフ】です。

 

人間関係以外の分野で気になることがあれば、わかりやすくカテゴリー別に分けているので、トップページまたはサイトマップより【主婦のライフ】をご覧ください。

 

また、人気ある子供関係の記事を最後にご紹介しておきますのでそちらのチェックもしてみてくださいね♫

Sponsored Link

ママ友とはどんな関係?

【ママ友】という言葉をよくテレビ等で耳にしたことがあるのではないでしょうか?

 

ママ友とは、友人という一種の分類に含まれます。

子供が同じ歳頃の関係性で母親同士の中で知り合いになり、親しい関係ということになる仲間ということになるでしょう。

 

あくまでも学生時代の頃からの親しい友人ではなく、元は子供がいてそこに母親がかかわっていって親しくなる関係になっていくので育ち盛りの時は一緒にうまく付き合っていく関係になるのです。

 

ママ友との関係になりやすい場所は…

◉公園

◉公共のショッピングモールなど

◉保育園・幼稚園

◉小学校

◉高校

◉大学

 

子供が通ったり、遊んだりする場所での出会いになりますね!!

 

子供が成長するたびに喜びを感じるとともに1つさらに感じたことは、母親であるママの知り合いも増えていくということです。

とても嬉しいことですね(^_-)-☆

 

同じ世代の子供を持つ子でもあるので子育てのしかたなど相談しやすく、情報も収集できることはとても心強いことです(^^)/

 

しかし、それともに母親同士で仲良くなっていくことで出てくることが【母親同士のトラブル】=【ママ同士のトラブル】なのです!!

 

ママ友の問題をテレビでも取り上げられたり、いろんなことを耳にしたりします。

 

子供が主体でもあるのにどうして争いごとがあるのか??とても疑問に感じます。

 

いろんなトラブルにならないためにもしっかりとママ同士の付き合い方についていろんな視点で下記にまとめていきたいと思います。

Sponsored Link

保育園・幼稚園児のトラブルはまず先生へ!

大人でもトラブルはつきものですよね。夫婦関係でのトラブル、友人でのトラブル、親子関係のトラブル…。

とても性格があったとしてもちょっとした事のきっかけでトラブルは出てくるものなのが現状です。

 

子供同士でもトラブルはあります!!!

『私が(僕が)ブランコを先に使っていたんだよ!』

『私が(僕が)トイレを先にするんだからね!』

 

っといった取り合いだったりすることがあります。

 

子供はまだ他人のことを考えられずに自分中心が多いです。

しかしこれはみんな一緒でこの争いを経験することによってどんどん人に対する思いやりや譲り合いの心がうまれ、大人になっていくのです。

 

そんな保育園・幼稚園であった子供同士のけんかは、まずは【保育園・幼稚園の先生へ伝える】ことが鉄則です!!

 

保育園・幼稚園で起こっていることなので、親が見ていないところで起きていることです。

まずは先生へ。

 

その後は、先生からの対応でそれに従ってお互い謝罪するなりした方がいいのです。

 

あるお母さんが自分の子供の話を聞いて接点がないお母さんに突然LINEしたことで、とても険悪なムードになったことを耳にしたことがあります。

 

やはり、自分の子を守りたいという一心で一方的な意見を相手に押し付けることをしたことから関係性も悪くなりました。

 

子供はどうしてもママから怒られるから自分を守るために嘘をついたりすることもあるのです。

 

子供を信じることも大切ですが、まずは保育園・幼稚園で起こった問題は先生に相談や事後報告することが大事です!!

 

保育園・幼稚園のママ友とうまくいく付き合い方は?

子供は何事もなかったようにすぐ仲直りすることができますが、その後母親同士がぎくしゃくなることも…。。

 

そのようにならないためにも付き合い方は最初が肝心なのです!!

うまくいく方法やコツを体験もふまえてご紹介していきたいと思います。

 

グループLINEは学校行事連絡のみが鉄則!

 

今や個人情報の関係で保育園・幼稚園での電話番号記載の連絡網がなくなっているところがほとんどです。

 

最近では幼稚園から緊急連絡や伝えたいことは事前に登録されているホームページなどに登録し、保育園・幼稚園よりメールで発信されるので個人的な連絡先交換は必要ないのです。

 

しかし、母親間では係の集まりや定期的なランチ会など呼びかけが必要な部分も出てくるせいかLINEグループを作っているところも多くあると聞きます。

私の幼稚園も最初の保護者会の時にクラスごとでLINEグループが作られました(゚Д゚;)

 

その中で自分の個人的なお誘いをLINEグループでされる方もいて、それを嫌う方やどう対応したらいいかが分からずに返信しずらくストレスを感じるお母さんもいらっしゃるみたいです。

 

逆にその誘いを送ったお母さんが返信がないお母さんに対して嫌な思いを持つ方もいらっしゃるとか…

 

よってLINEグループは、保育園・幼稚園の行事以外の私用事は言わない方がトラブルを避けることができますね!!

 

自分のプライベートを言わないこと!

自分の旦那さんの職業や自分の身の回りにあることを公にしてしまうと、中にはそれを聞いて嫌な思いになったり、嫉妬してしまうことがあります。

 

自分自身は知ってもらいたいがためにいったつもりだとしても、人それぞれいろんなとらえ方をするので極力言わない方がいいです。

 

また話すことによって世の中は狭いのでいろんなことで知り合いにつながっていくことがあり、子供が主体となっていますので子供に悪影響が出てくる可能性もあるのです(´・ω・`)

 

子供の自慢は避けて!

『私の子供はこんなことができるんです。』

『子供はいつもお利口さんで悪いことはしたことないです。』

 

っといったような自分の子供をほめたたえることは、母親同士では避けたいところです。

 

自分の子供をほめすぎると相手は『すごいね!』っと思われるお母さんもいらっしゃいますが、『バカ親ではないか…』といった偏見な目で見られてしまいがちなのです( 一一)

 

また、何か子供同士でトラブルがあったとしたときに自分の子供ばかり褒めていると、被害者でもある立場なのに違うのではないか?と疑われがちになってしまいます。

 

ほめることは直接子供に褒めてあげましょう!!

 

人(ママや子供たち)の悪口や陰口を言わないこと!

絶対人の悪口は絶対言ってはいけない!!

これは子供のころから言われなくても勝手に身についてくるものなのです。

 

性格の不一致、意見の食い違い、思考相違など自分とは全く違う考えはあることは当然です。

 

血のつながっている家族間でもすべてがパーフェクトに合うなんてめったにないといってもいいでしょう。

いろんな性格、考え方がいることで個性豊かに生きることができているのです。

 

人の悪口をいう家庭は、だいだいのお子さんはその話を聞いてその子に対する思いも悪くとらえがちになってしまい、人に対する見方が損なわれてしまいます。

 

子育ての中の教育的にも悪い影響を与えてしまいます。

 

また、自分にもそういった陰口は跳ね返ってくるようになり変な噂が広まってしまいます。

 

そうならないためにも人のことは気にせずに大人が子供もいい見本を見せるためにも人のことは言わないことがとても大切なことです。

 

ランチ会は2回に1回出席!

保育園・幼稚園の母親とのランチ会は必ずあるといっていいでしょう。

 

ランチ会のいいところは、幼稚園の事情や行事の流れといった情報を共有でき、日ごろ子供が遊んでいるママとも話せるいい機会なのです。とても楽しい話ができる素敵な機会だとは思います。

 

しかし、ここではママ友という関係なので深入りするとママたちの性格や思考など知らないうちに中に入りこんでしまうと厄介なことにもつながります。

保育園・幼稚園のママたちも初めてのお子さん、お子さんが2人目、3人目とそれぞれ違う家族構成でもあるのでここでも上下関係が生まれてくることよく耳にしたことがあります。

 

根掘り葉掘り聞いてくるお母さんもいたりと…付き合い方にも注意しておきたい場所でもあるのです。

 

ママたちの関係も大切にしたい♬ですよね( *´艸`)

よっていつも参加しないことは逆に変な空気になってしまうかもしれないので、2回に1回の割合で出席することがいいでしょう( *´艸`)

 

ママ友の付き合い方のまとめ!

いかがでしたでしょうか?

 

生きていく中で人間関係は人とかかわっていく中でずっとついてくるものなのです。

 

ママ友はあくまでも友人関係ではなく、子供が主体となる親同士のいろんな年齢層がいる関係です!!

子供があっての親同士のかかわりなのです。

 

親子共々いい関係でいるためにはまずはトラブルが起こらないように距離感が大切かと思います。

お互い距離感を保つことで長い付き合いができるのだと感じております。

 

子供たちが楽しく生活できるように私たち母親も楽しくかかわっていけたらいいですね( *´艸`)

 

最後まで読んでいただき本当にありがとうございました。

この記事と一緒に読まれている人気の記事はこんな記事です↓↓↓↓↓↓