こんにちは(^_-)-☆

 

いつも私のブログ【主婦のライフ】に訪問していただきブログを読んでいただき本当にありがとうございますm(__)m

 

引き続き女性が必要としている情報をまとめていきたいと思いますのでどうぞ末永くよろしくお願いしますm(__)m

 

『皆さん!耳にアクセサリーしますよね?』

 

イヤリングやピアスといろんなタイプでお店に並んでいます(^^)

 

イヤリングよりピアスの方が多くデザインされているのが現状。。

 

しかし学生であったり、アレルギーがあったり、仕事の関係で『ピアスの穴を開けれない』などと多くの理由があってピアスを諦めている方。

 

『またイヤリングは物によっては耳たぶが痛くなることもあるのではないでしょうか?』

 

『ピアス風にみえるアクセサリー』あるんです(^^)そして流行ってきてますよ\(^o^)/

『イヤーカフ・クリップ』はどんな物?選び方などご紹介していきますね♡♡♡

美容・アクセサリー・ダイエット・トレンドファッション・メイク・スキンケア・人間関係・豆知識・子育てなど…

女性が必要としている情報ブログ【主婦のライフ】です。

 

その他ファッション小物以外で気になる方は、サイトマップまたわかりやすくカテゴリー別に分けているので【主婦のライフ】トップページよりご参照くださいね♫

 

また、人気ファッション記事を最後にURLのせておきますね\(^o^)/

Sponsored Link

ピアスホールなくてもピアスのように見えるアクセサリー!

『耳のアクセサリーはみなさんしていますか?』

 

ゆらゆら揺れるアクセサリーをするとより女性的で女らしく見られます。

 

私はビジュや真珠とようなキラキラとしたイアーアクセサリーが大好きです。

 

短大の時にピアスホールを病院で開けてもらいましたが、自分でも今開けれるみたいで…。

 

でも自分で開けるとちゃんとしたところに開けないと炎症を起こしたり衛生的なことを考えるとかかりつけの病院や専門病院で開けてもらったほうがいいですよ(^ー゜)すこし費用はかかりますが(汗)

 

しかし、学生開けるのが怖い方、仕事上開けれない方、アレルギーがある方などはピアスに縁がないかもしれません。

 

でもイアーアクセサリーはつけたいですよね。顔の周りも華やかになり小顔になるアクセサリー♡♡

 

『イヤーカフ』『イヤークリップ』がここ数年大流行していてます。

 

まさにイヤーホールを開けなくも耳のあらゆる部分や耳たぶにクリップのように挟むタイプです。

 

ミランダ・カーやエマ・ワトソンなど世界的に有名人の方やかっこかわいい菜々緒さんなどはドラマで身につけるなど多くの有名人が愛用しているアクセサリーなんです。

 

ドラマで使用するのは、流行モノや流行の洋服を着るのでトレンドになってきているのは間違いありません。

 

ピアスより華やかに見えます。クリップは安定感があるためデザインが大きく作られていますよ♬

 

おすすめカフやクリップの付け方や選び方をご紹介しますね(≧∇≦)

Sponsored Link

イヤーカフやクリップの選び方付け方!痛くない方法は?

 

イヤーカフ・クリップの魅力は…

『ピアスホールもあけなくていい』

『長時間つけてもいたくない』

『付ける場所を変えれる』

『存在感のある個性的な耳元に』

『イヤリングやピヤスのアクセサリーのデザインとは違った見た目に』

『プライベートからお呼ばれしたパーティーなど幅広く使える』

『小顔になり顔色も1トーン明るくなる』など多くのいいところがありますよね(*´∀`*)

 

羽素材からパール・真珠。ビジューなどデザイン性が豊富なのです。

 

『みなさんはどのデザインがお好みですか?』

 

では選び方や付け方をいまからご紹介していきますね♡

 

選び方はこちら↓↓

 

クリップタイプ 

その名の通り耳に挟むパーツ。

 

上のクリップタイプのアクセサリーは耳下辺りでつけていますが耳中あたりにも動かすことが可能なのでまた印象が違ってきますよ。

 

また天然石のぶら下がっている感じがいいですよね。

 

フックタイプ 

 

耳の形をしたワイヤーを土台にただ耳にかけるだけ。

 

自分がどのように見せたいかでタイプ別に出ているので表現できますね。

 

ピアス風に見せたいのであれば、クリップタイプの小ぶりを選んであげればピアスを何個もつけているような感じになりますよ。

 

耳元を強調したければフックタイプ

このタイプの時は両耳ではなく片耳につけてあげるのがおすすめですよ♫

 

痛くない付け方は…

◉サイズが調節できるイヤーカフを。

◉付着部分は金属物よりシリコンタイプ。

 

この部分を頭において選んであげるとより痛くありませんよ(*´∀`*)

 

金属によっては耳の裏の骨にあたって痛いこともあるのでイヤーカフだから痛くないのではなく、お店で耳にかけることができるなら着用していてくださいね♡

 

自分に合ったアクセサリーを見つけて『耳元を華やかにゴウジャスに』飾りましょう♫

 

ここまで読んでいただき本当にありがとうございます。

この記事と一緒に読んだ方は、こんな記事も読んでいます↓↓↓↓↓↓