こんにちは(^_-)-☆

いつも私のブログ【主婦のライフ】に訪問して

ブログを読んでいただき本当にありがとうございますm(__)m

 

今回は【マラソンメイク】についてまとめていこうと思います(#^^#)

よろしくお願いいたします。

 

季節問わず全国各地で開催されているマラソン大会!

女性も多く参加していますよね。

 

私のママ友も抽選であたって今年出場するとか言ってらっしゃいました。

すごすぎます!しっかり応援したいと思います♡

 

年齢問わず参加できる大会もあるみたいで走ることが大好きな方には嬉しいイベントですよね(*´∀`*)

 

今や紫外線を男性も気にしている時代で、

女性はいつもメイクをして日常過ごしていますがマラソンだからといって

汗で落ちるからノーメイクで走る方もいるのではないでしょうか?

 

これは危険ですよ(´・ω・`)後からお手入れに苦労してしまいますよ…汗

では今から落ちにくいメイク方法をご紹介していきますね♫

ゴールでも恥ずかしくないはずです♡

 

美容・ダイエット・ファッション・メイクなど女性が必要としている情報をまとめたブログ【主婦のライフ】です。

その他気になる方は、わかりやすくカテゴリー別に分けているのでホームページよりご参照くださいね。

またメイクで人気の記事も最後にリンクのせておきますのでチェックしてみてください♫

 

Sponsored Link

マラソンランナーにとって紫外線対策必須!

夏辺りは紫外線はもっとも強いことはみなさまもご存知か思います。

しかし紫外線は春夏秋冬ケアが必要なんです。

 

走ることがお好きな方は日焼け止めを塗って走っている方もいると思いますが

『少しだからスッピンでいいや』『メイクすると顔が重たく感じる』といった思いでされない方もいるそうですね。

 

しかし紫外線や汗をそのまま放置していると

角質層が破壊されるために『アレルギー肌』『老化肌』になって走れなくなったランナーもいるとか。

 

そうならないためにも『メイクというのは肌を守ってくれる大きな役目』だと思っています。

ではマラソンランナーにとっても嬉しいメイク方法を今からご紹介致します。

このメイク方法はメイク専門の方のやり方なので間違い無しですよ♡

 

Sponsored Link

女性必見!崩れにくいメイク方法は?

マラソン前のメイク方法は…

【ファンデーション編】

①保湿成分化粧水と美容液配合の化粧水をコットンに混ぜてからパッティング

②UV入りの日焼け止めクリーム下地

③リキッドファンデーションは塗って上げた方が崩れにくいんです。

ポイントはリキッドファンデーションの色は首と同じ色味で。

目のクマあたりは余ったファンデーションで。

④パウダーファッションが重要です。①②③をコーティングする役目があります。

⑤そのあと手にパウダーファンデーションを少量取って両手で肌になじませるように手で顔を覆う。

より肌に密着してくれます。

CYMERA_20150807_082056

【アイメイク編】
アイライナー汗や皮脂に強いウォータープルーフタイプのリキッドがおすすめです。

マスカラも同様で汗や皮脂に強いものを塗ってあげてください。

アイライナーとマスカラ両方とも『上だけメイク』です。

 

【眉・口紅編】

はパウダーでかいた後、眉マスカラをオンしてあげるだけで

一番崩れやすい部分が防げます。

口紅は、水を飲むことが多くなるので赤系は裂けましょう。

ベージュや薄ピンクが落ちた時に目立ちにくいです。

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-04-ASE_035-thumb-1000xauto-12539

 

マラソン後のメイク方法は…

先程もご紹介しましたが汗は、角質層を破壊するため肌のトラブルに繋がりますので

汗をかいたらすぐに拭き取ることが重要です。

 

マラソン後はきついですがそのまま帰宅しては肌に負担がかかるので

着替え所などでなおしてあげるといいでしょう♫

 

優れものの『拭き取り化粧水』で汗や皮脂を取った上から

軽く化粧ブラシでパウダーファッションのせてあげます。

 

ティッシュやあぶらとり紙は、

余計に皮脂をとってしまうので肌が乾燥してしまう恐れがあります。

日常メイクでも使えるので1本持っておくと便利ですよ(*´∀`*)

 

マラソン前、マラソン後のケアをすれば、

肌のトラブル知らずでさらに走ることが楽しくなりますよね\(^o^)/

少しでも参考にしていただければとても嬉しいです。

 

マラソンランナーの皆さん完走がんばってくださいね♡♡

ここまで読んでいただきありがとうございました。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。