こんにちは(灬˘╰╯˘灬)♥。・゚

 

いつも私のブログ【主婦のライフ】に訪問し、ブログを読んでいただき本当にありがとうございますm(__)m

ここまでブログを続けられたのも皆さまが読んでくださるおかげだと思っております。

 

今後とも女性に必要な情報をまとめていきますので引き続きよろしくお願いいたしますm(__)m

 

季節の変わり目によくあることは、体がついていかずに体の調子が悪くなり風邪をひいてしまうことがありますよね。

 

そんなときに調節できる服装を装うことで防ぐことができます!

 

特に家族ももつと自分以外にも主人や子供の体調を気にするようになり、特に天気予報は必ずテレビやネット天気で見るようになりました(*´∀`*)

 

『では、どんなポイントをおさえておけばいいんでしょうかね?』

 

いろんな視点でまとめてみました。

美容・ダイエット・メイク・ファッション・スキンケア・豆知識・人間関係・子育てなど…

女性が必要としている情報をまとめたブログ【主婦のライフ】です。

 

その他、ファッション以外で気になる方は、サイトマップまたは、わかりやすくカテゴリー別に分けているのでトップページからご参照くださいね♡

 

最後に人気あるファッション関連記事のURLものせておきますね♡

Sponsored Link

季節の変わり目には体調に気をつけて!

必ず季節の変わり目にでてくるのは、体はとても正直で急に気温や気候が変わると体調を崩しやすくなります。

 

『どうして何でしょうかね?』

 

まずは、急に寒くなると体の機能もびっくりして追いつけなくなるのでしょう。

 

そして追いつけないまま免疫が弱い方(子供や高齢者)は特にですが、鼻水や咳から熱が出るといった症状(夏風邪)が出てしまいます。

 

季節の変わり目は、よく旬のモノを食べましょう♫と言われますが、そのとおりだと思います。

 

20140929_y1

収穫した旬の野菜や果物は、ビタミンが豊富で体も吸収しやすく強い体にし風邪もひきにくくしてくれます♡

 

『では、一番気をつけないと季節の変わり目はいつなんでしょうね?』

 

下記にまとめました。

Sponsored Link

気温差が激しい季節はいつ?

夏から秋(8月上旬~10月上旬)にかけてが一番体調を崩しやすいとされています。

 

それは台風の多い季節とも言われていますが、台風が過ぎ去ってからどんどんと秋雨前線が日本にかかり温かい空気と冷たい空気を運んでくる

今日は真夏日だったが、明日は少しひんやりするといった気候になりがちです。

 

そして朝晩と昼間の気温差がかなりある季節なのです!

 

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-09-150912275732-thumb-1000xauto-19291

子供なんか特に病院通いが多く集団生活している幼稚園や小学校は流行します。

 

子供はある程度大きくならないと言葉にしないので難しいと思いますよね?

 

実際は子供も大人と感じる湿度や気温と一緒なのですよ。この季節は特に気をつけましょう(´・ω・`)

 

では、大人も子供も天気予報の見方さえわかっておけば、服装の調節は可能ですよ。

下記にまとめましたのでご参考まで♡♡

 

天気予報にヒントが!どうやって季節ごとの服装調節すればいいの?

天気予報には、服装の目安となるポイントが隠されています。

それは、気温なのです!!

 

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-TSU763_aozoratokumo-thumb-1000xauto-18360

 

~気温別に服装のコーディネート集~

30℃以上

ノースリーブ、ボトムス(短パン・スカート)、サンダル

風通しがいい洋服を選ぶこと。熱中症に気をつけて!

 

25℃~30℃まで

半袖、ボトムス(短パン・スカート)、サンダル

 

20℃~25℃まで

長袖、ボトムス(※1)、靴(※2)

 

15℃~20℃まで

長袖+重ね着(カーディガン・シャツ)、ボトムス(※1)、靴(※2)

 

10℃~15℃まで

セーター(※4)、ボトムス(※1)、靴(※3)

 

5℃~10℃まで

アウター(※5)、セーター(※4)、ボトムス(※1)、靴(※3)

 

5℃以下

アウター(※5)+マフラーや手袋や耳あて、セーター(※4)、ボトムス(※1)、靴(※3)

※1 長ズボン・スカート

※2 ミュール・パンプス・スニーカー

※3 ブーツ・ムートン

※4 カシミヤ・ニット地

※5 ウールコート・ダウン・ファーコート

 

 

おおまかに気温別でまとめてみましたが、その地域の湿度前日の天気状況によっては体感温度は変わってきます。

 

特に盆地だと気温よりも夏場はジメジメと蒸し暑く、冬場だと耳元が凍るくらい痛いのです。

 

季節の変わり目のファッションまとめ

いかがでしたでしょうか?

 

季節の変わり目はどうしても体調が崩れやすくなります。

それはやはり体が季節になれていないせいでもあります。

 

そのようにならないためにも、洋服で羽織ったり、脱いだりと…気候に応じて調整できるのがファッションなのです!!

 

地域の気候状況によって自分で調節してみてくださいね(*´∀`*)

気温別に把握できていれば、服装だって迷わずに選ぶことができますよ♡

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます♫