こんにちは(^_-)-☆

 

いつも私のブログ【主婦のライフ】に訪問し、ブログを読んでいただき本当にありがとうございますm(__)m皆様からの温かいメッセージいつも拝見し元気をもらっております。今後とも引き続きブログを発信していきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

 

さて、今回は【保育園・幼稚園】についてまとめていきます(*^▽^*)

 

幼稚園、保育園に入園させる前には親にとっては、いつから探し始めてどのように園を決めればいいか?多くの不安や疑問があると思います(T_T)

 

私も悩みましたよ…。わかりやすくそんな悩み解決します。下記にまとめてみました。

 

トレンド美容・メイク・トレンドファッション・ダイエット・子育・ネイル・豆知識など女性が必要としている情報をまとめたブログ【主婦のライフ】です。その他気になる方は、わかりやすくカテゴリー別に分けているのでトップページよりご参照くださいね(^^♪

また、幼稚園の関連で気になることがあれば、最後に人気記事のURLものせておきます。

Sponsored Link

幼稚園や保育園の種類や費用は?

 

幼稚園や保育園にはそれぞれ種類があるのです。今からご紹介していきますね(*^▽^*)

 

幼稚園

国が運営する国立幼稚園、市が運営する私立幼稚園、民間が運営する公立幼稚園に分かれています。幼稚園は親族等に障害の方がいれば費用は変動しますが、一律費用に差はありません。2015年4月から新制度『認定こども園』を導入している幼稚園が多くなってきました。

 

1号は教育のみで直接幼稚園と手続きして、支給認定を手続き後契約となります。

2号は教育・保育の希望の方で市に認定手続きを行った後の園との契約になります。

3号は保育のみの希望の方で市に認定手続きを行った後に園との契約になります。

 

簡単に説明すると、子供が1号、2号、3号が対象でその区分によって保育料預けられる時間が決定されます。

 

1号の方は、幼稚園が先着順や説明会参加と幼稚園によって違いますが園側が決定します。2、3号の方は、市が保育として預けられるかどうかを判定して園が最終決定します。

 

幼稚園は親族等に障害の方がいれば費用は変動しますが、1号、2号、3号ごとに分類保育料は決定します。

 

幼稚園は、1年保育、2年保育、3年保育、4年保育(2015年4月から幼稚園によって扱っているところのみ)です。通常保育時間は1日4時間で、2,3号は1日最高8時間です。

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-MS251_kouentoburanko-thumb-1000xauto-15122

 

保育園

認定保育園、認定外保育園、託児所、ベビーシッターの分類に分けられます。両親がお仕事をしている方しか保育園は入園できません。

保育園は両親の年収によって保育料は決められていてそれに応じてぞれぞれ保育料は違います。

 

地域の自治体によって違いますが、私の県は2人目は保育料半額、3人目は無料です。

 

託児所は上記と流れは一緒ですが、短時間でも急遽預けたいときには時間制で金額が定められていてお買い物があるとき、少し用事があるときなどに預けることができるのでご自身の地域の託児所を見つけておくのもいいと思いますよ\(^o^)/私はよく美容院に行くときや結婚式にお呼ばれされたときに利用しています。

Sponsored Link

幼稚園や保育園の選び方や探す時期は?

幼稚園や保育園ごとに最近は説明会が開催されていますので、説明会に行くことが早道だと思われます。保育園はお仕事される時期から入園時期がそれぞれのご家庭によって違いますが、幼稚園は4月入園です。

 

説明会の時期は、9月から10月終わりに開催されるので、そこで通わせたい幼稚園を決め、11月の上旬から中旬に願書提出の流れです。

また、説明会の前でも、未就児園の体験が1年間に何回かあったり、好きな時間に見学できる幼稚園や保育園もありますので、そういった行事にも参加されると良いでしょう(^^♪

 

幼稚園や保育園の選び方としては、

①教育方針

この部分は大切で、預けるには考えたたが同じような幼稚園、保育園でなければ入園してから不安や不満がでてきます。

 

②自宅から通いやすいのか?バスはあるか?職場からちかいか?

あまり遠いいと、バスがない幼稚園もありますので、1日最低4時の保育時間なのにお見送りお迎えで1日振り回されるというケースになります。子供が急に熱が出た時にすぐに迎えにいきやすい距離も重要です。

 

③制服はあるか?ないか?

制服ならば、最初はお金がかかりますが、それからは経済的にお金はかかりません。洋服ならば毎日のことで子供の成長は早いですし洋服代にかかってしまいます。

 

④給食かお弁当か?

保育園は給食が多いですが、幼稚園によっては給食とお弁当の割合が決められている幼稚園もあります。毎日のことで、お仕事されている方はなおさらここがボイントになってくると思います。毎日お弁当の幼稚園は、子供にとっては愛情こもった安全なお弁当でうれしいですがお母さんは朝バタバタですよね(T_T)笑

 

⑤保護者の参加が多いのか?

保護者参加が多いと、下の子が小さいお母さんはいつも大変そうです。下の子を見ながら保護者参加…。見てくれる幼稚園もありますが、適度の参加が望ましいですよね。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます♫