昔の夏と違って急激に『夏の気温』は異常です。

とにかく暑い!そしてとても湿度が高く蒸し暑いです。

外の気温は真夏になると、30度以上は全国気温が達するときもあります。

夏にむせてのどのようなことをすれば乗り切っていけるか下記にまとめてみました。

また、美容・メイク・ファッション・ダイエット・子育について気になる方はトップページよりご参照ください♡

最後に子育てについて人気記事のURLものせておきますね♡

Sponsored Link

熱中症の原因や症状は?

人間の体は皮膚から出てくる汗によって体温を下げようとする働きをしますが、

気温が高い日が続いていくと

そのサイクルが狂ってきて体が慣れていないとついていけなくなります。

それによって汗が放出されなくなることで熱中症になるのです。

特に高齢者、肥満、アルコール依存症の方などがかかりやすいと言われています。

また、子供であっても運動会の練習中やスポーツ大会等での日陰のないカンカン照りの過激な運動中起こることが一般的です。

大量の汗をかくと水分はもちろんのこと塩分が逃げていきます。よって引き起こるのです。

まれですが重症化することもあります。

真夏日の日差しと青空

熱中症の症状としては下記のことがあげられます。

①めまい、大量の発汗(軽症)

②頭痛、嘔吐、吐き気、虚脱感(中症)

③意識障害、けいれん、体を触った時にとても熱い(重症)

重症レベルになると入院が必要な場合もあるそうです。

おおまかに調べたことは上記の症状ですが、野外にでていつもとちがった症状があるなら

かかりつけの医師に診断してもらってくださいね。

Sponsored Link

夏に乗りきっていく注意点は?その対策は?

少し肌寒い6月の梅雨時期があけて、7下旬から現代は10月上旬辺りまで真夏日と言われるにもちらほら…。

熱中症は野外にでたらかかるといったようなイメージです。

しかし違うんです!私達が住んでいる家の中でも熱中症にかかり救急搬送される場合もあるのです。

家の中は密閉された空間です。夏なのに閉めきっていては、外にいる状態が続き熱中症にかかります。

昔の家の作りは風通し良かったのですが、現代の家は密閉性が優れていて風通しが悪いみたいです。

子供はあまり自分のことを親にうまく伝えることができないため、家の中だから大丈夫ではありません。

シャワーを浴びたのってくらい汗をかきながら遊んでることありません?親がしっかり見てあげましょう。

高齢者が多くなってきた時代。この年代の方々はエアコンという時代ではなかったので自然の風がいいと言われますが、

気温が高くなる日中~夕方あたりは最低でもエアコンをつけなて過ごさないと熱中症になる危険があります。

特に一人暮らしの方々は気をつけていただきたいものです。

蚊取豚とうちわ

熱中症にならないための対策としては

まず強い体を作ることです。

30~60分間ややきつい運動をした直後に、糖質や乳たんぱく質を多く含む乳製品を取ればよいのです。例えば、牛乳ならコップ1~2杯、牛乳の苦手な人はヨーグルト、チーズなどでも効果はあります。ただ、乳製品は一般に糖分の含有量が少ないので、一緒にクラッカー、蜂蜜などを取ることをおすすめします。糖質から合成されるエネルギー源が運動によって不足すると、筋肉が分解され、筋力が弱くなってしまうからです。1回の摂取量は糖質30グラム、乳たんぱく質10グラムを目安にしてください(病気にかかっている人は主治医に確認してください)。これを1~2週間続ければ、グッと暑さに強い体になります。

引用元:熱中症対策 Yahoo!ニュースより

①水分補給

のどが渇いてから水分をとるのではなく、こまめに補給を。水だと汗をかくと塩分も逃げていくのでスポーツドリンクの方が最適でしょう。

②涼しい電化製品をうまく利用

エアコンはもちろんですが扇風機も一緒につかって部屋を快適にすごしやくさせましょう。エアコンは週1は掃除してあげましょう。

③通気性のいい洋服着用

ピタッとした洋服を着ると、熱がこもるので余裕ある麻素材などの衣類がよいでしょう。

④タオルなど冷たい水で冷やす

過激な運動の後など、首周りに巻いたり、股の部分を冷やしてあげると体温がさがりやすいです。

これらの対策を取りながら

暑い暑い夏!楽しい楽しい夏!を乗り切っていきましょう♪

ここまで読んでいただきありがとうございました。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます♫

【簡単でお得】主婦でも在宅で稼ぐ時代!方法をご紹介します

紫外線情報!危険な時期や時間帯はいつ? シミやそばかすができにくい対策とは?

【フェイスライン】たるみの原因と解消法は?1日で簡単!小顔になる方法は?