【貯蓄方法】老後のために主婦も銀行口座を使って上手な貯め方は?

この記事は3分で読めます

税金が上がる一方で給料はあまり上がらず出費が多くなっているのが現実です。

家族が多いとなおさら負担も多くなりますよね。

主婦も大変なんです。家計のやりくりをしながら貯蓄をすること!

私は事前銀行に勤めていたので

少しプチ情報も加えつつ貯蓄の方法をご紹介していきますね♡

ダイエット・美容・ファッション・メイクなどそのほか気になる方はカテゴリー別に分けているので【主婦のライフ】ホームページよりご参照ください♡

また人気のある豆知識情報は最後にURLのせておきますね(^^♪

Sponsored Link

貯金できていますか?

貯金は皆さんしていますか?

銀行では定期預金や積立保険保険では学資保険や終身保険など

様々な貯蓄方法があります。

いざするぞ!となっても手続きするにも面倒だ。という理由で手続きが先延ばしになってしまいます。

また手続きをしても中途解約しても逆に損をしたり至急でお金が要する時には引き出しができないとデメリットがありますよね。

子供がいると急に必要!ということは多々あることで。

ではどうやって貯金をしていこうか?とお思いの方!

一番簡単なのはまずは『自分のライフスタイルの見直し』が重要なんです。

箇条書きにまとめますのでチェックして見直してみてください♪

Sponsored Link

自分のライフスタイルを見直して節約から!

節約のためにダイエットもかねて食べない!これで一石二鳥と思ってらっしゃる方!

これはやってはいけない節約方法で食生活が悪くなるとともに栄養素も取れず体調を崩してしまいます。

そしてかかりつけの病院に行っては診察受けてなお『負の連鎖』を引き起こしてしまいます。

自分の生活スタイルを振り返って節約をまずしてみてください(^^♪ポイントをまとめてみました。

節約の近道

◉食生活面

・外食は週に何回ですか?…週1、2が理想

・買いだめしていませんか?…なくなったら買い物に行くことをおすすめ。

・安い時はいったん冷蔵庫の中身を思い出してください。

◉ライフライン

・電気はつけっぱなしはしていませんか?…使っていない電化製品のコンセントは抜いておきましょう。

・水のだしっぱなしはしていませんか?…お風呂に入るときはペットボトルを一緒に入れると水かさが増します。

・携帯電話の正しい利用はできていますか?…携帯電話同士や固定電話にかけても固定料を払うプランだとかけ放題という携帯電話会社も多くあります。

公共料金は少しの差ではありますが一生付き合っていくので年間にしていくとかなり節約できる部分です♡

◉日用品

・洋服は同じような形やデザインを購入していませんか?…洋服ダンスの定期的なチェックをしておけばいいでしょう。

洋服の購入頻度は?自分にあった無駄のない選び方!

・子供の洋服は毎年サイズが変わっていくので3着から4着を着まわす。

簡単に貯蓄する方法は?

『節約の近道』でもご紹介したように目に見えることから見直していけば貯金も簡単なんです。

しかしあまりきっちりとすると逆に続かなくたってしますので少しづつ慣れていくことが鉄則だと思っています。

銀行口座を使って貯蓄する方法

①同じ銀行の通帳を2冊作ります。

1冊目は、引き落とし通帳。2冊目は貯金通帳。

通帳が貯金箱と思ってください。

だいたいの都銀、地銀では同じ名義人でも2冊作ることは可能ですがまれに作成できない金融機関もあります。

②自分の月の公共料金や保険などの(固定請求)を把握します。

③収入が入ってきたときにその固定請求を差し引きます。

④その残りの3分の1を『毎月の貯蓄金額』と考え給料日に2冊目の通帳に入金します。

2冊目の通帳(貯金通帳)に入れることで存在しないお金と思えば引き出しはしません。

私は実際引き出したことがありませんよ。

同じ通帳に貯金していましたがそれではダメでした。まだあると思い引き出してしまいます。

あるものをないものにすれば貯金箱よりいいかもしれませんよ(^_-)-☆

1367954218be53a-600x400

教育費・プライベートを毎月貯蓄していく方法

毎月1000円ずつ積み立てれば1年間で12000円になりますよね。

その月に12000円払うことは少し家計にひびきます。

私は『振り分け帳』を作り毎月美容代・保険・コンタクト・子供教育費・車検代とそれぞれ金額を記入して

2冊目の貯金通帳に積み立てしています。まったく負担感は感じずにやりくりできていますよ。

人間はあったら使ってしまうので逆にないものだと自分で作ってしまえば金融機関の商品を契約しなくても

貯金や毎月の積立を簡単にできてしまうのです。そうすると自然とできるところは節約していこうという意識になります。

ここまで読んでいただき本当にありがとうございました。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます♪

【転職面接】主婦パート服装や身だしなみは?

【海服装】水着以外でも春夏おしゃれに!紫外線対策も小物で!

【春夏秋冬・梅雨コーデ】レディースおしゃれ着こなし方?便利グッズは?

【収納】衣類・洋服を押入れやクローゼットに入れる方法は?

Sponsored Link

記事が気に入ったらシェアしてくれると嬉しいですヽ(=´▽`=)ノ

関連記事

RETURN TOP

【主婦のライフ】サイトについて



いつも『主婦のライフ』を見ていただきありがとうございます。

家事育児に日々おわれている30代の2児の母です!

ママになっても『美意識は忘れずに』過ごしております♡♡ 美容に興味があり、おしゃれをすることが大好きで興味がある1人の女性でもあります♡

ブログ内容は 『美容・メイク・ダイエット・ファッション・子育て』とさまざまな視点から経験を通してブログを更新しています☆ 最新情報が大好きな私。。みなさまにお届けします♡♡

家事育児のあいまに更新していきます。

『主婦のライフ』ブログが気に入っていただけたり、これいい情報だな~と感じて頂いたら幸いです。 SNSに『いいね♡』『シェア♡』をしていただけるととても嬉しいです(゚∀゚) 今後ともよろしくお願い致します。