花火大会にはみなさん浴衣でいっていませんか?花火大会といえば『浴衣コーデ』という印象が強いですが…

最近は『私服で花火を楽しむ』私服コーディネートで友人や家族、彼と楽しんだりしていますよ(*´∀`*)

浴衣もいいですが時間やお金がかかってしまうのが現状で…(T_T)

独身の時はそんな時間もとれていましたがこどもが生まれてからは子供優先になってきて浴衣でいったとしても動きづらいのは確かで!

夏のイベントにふさわしいコーディネートを今からご紹介してます!!

美容・ダイエット・ファッション・メイクなど他に気になる方はカテゴリー別に分けているのでホームページよりご参照ください♡

ファッションで人気記事を最後にURLのせておきますね♫

Sponsored Link

お祭りに私服コーディネートで周りと差を!

花火大会といえば『真夏』『夏のおわり』のイベント。

夜にはだいたいの祭りで花火が上がりますが昼間の『夏祭り』も多く開催されています。

-shared-img-thumb-PAK52_rotennoomenuri_TP_V

『浴衣姿』が多くいる中で『私服コーディネート』はとても目立つんですよ\(^o^)/

浴衣だと真夏の日中はとても暑い。。動きづらい。。なにより着付けのしかたがわからないなどいろいろありますが…ここ数年は私服で夏祭りに行っている方も多くいますよ♡

またママになったお母さんは子供には浴衣を着させるが自分まで着る時間や手間がないなどが多く私の友人は私服でお出かけしていますよ♫

でも浴衣でどうしても祭りに行きたい方は、1日レンタルして着付けも込で価格を設定しているお店もあるみたいなので探してみてくださいね。

次はおすすめ祭り私服コーディネートをご紹介していきますね(*´∀`*)

Sponsored Link

おすすめ『トップス×ボトムス』組み合わせコーディネートは?

『花火』といえば夏から秋の終わり頃に開催されるのが多いのでまだまだ日本の気候は湿度が高く暑いです。

透け感のある洋服を中心におすすめコーディネートをご紹介していきます。

カーディガン&ノースリーブ×ショートパンツ

CYMERA_20150808_110036

この組み合わせは夏のイベントではおすすめの合わせ方で『シャツ』で合わせがちですが

『カーディガン』をもってくることでカジュアルにもならず大人コーディネートになります。

カーディガンをカラー色に合わせるのならノースリーブ×ショートパンツは同系色をもってきてあげるとIラインが強調されスタイルよく見えます。

ショートパンツなので足をそんなに出したくなければ、『ロング丈カーディガン』を羽織ってあげてもいいでしょう\(^o^)/

ロング丈カーディガンの合わせ方がより詳しく知りたい方はこちらへ↓↓

 

レースノースリーブ×ロングスカート

CYMERA_20150804_130801

去年私はこの組み合わせコーディネートをしました。

ロング丈のデニムスカートは見た目がおもたく感じるのでトップスにレースをもってきてあげるだけで夏らしく着こなすことができます。

また夏カラーと言われている『黄色』を差し色にもってくるとおしゃれ度増しますよ♡♡

Tシャツ×七分丈スキニー

スキニーはピタッとしているフォームなので夏場は避けてくなりますが、7分丈スキニーとはふとももの真ん中辺りの丈の長さなのでまったく気になりませんよ。

Tシャツは少しゆったりしたトップスでおしりが隠れるあたりの丈がバランスがいいでしょう。

短いTシャツと合わせてしまうとボトムスが短いので子供っぽくなってしまいます。

ロング丈マキシワンピース

フェミニン系やガーリー系でいきたいならスカートですがその中でも『ロング丈のマキシワンピース』はおすすめです。

いろんな柄や素材がありますよね。私のイチオシは清楚にみえる『白レース』や元気がでる『花柄のビビットカラー』ですね♫

マキシワンピースのいいところはロング丈なのに涼しく洋服に着られているような感じにみえないのに存在感があります。

30代、40代のママには人気のコーディネートです。アジアン系のロングアクセサリーをつけてあげるとよりいいですよ♡

祭りに持って行くと便利グッズは?

自撮り棒

花火を背景に自分や友人と写真を撮り思いでの写真を撮りたいですよ?

しかし腕をまっすぐ限界まで離しても花火まで写りません…悲

そこで便利なグッズが『自撮り棒』です↓↓

うまく撮る撮り方や方法が↑にまとめてありますが『自撮り棒』はとても重宝します。

気になる方はまとめているので参考にしてみてくださいね♫

ウェットティッシュやビニール袋

屋台は祭りではどこでも開かれていてそこで困るのが第一に手洗いをする場所です。

トイレを探すにも一苦労でそこにいくにもせっかくいい位置を確保できたのに取られてしまったり

人が多いとはぐれてしまう可能性もあります。ウェットティッシュは必需品です。

そして屋台で買った食べ物のゴミは持ち帰りをしないといけないのでビニール袋もです。

アウターやひざ掛け

夜の『花火』なんかは秋口に近い開催だと肌寒くなります。

寒くて集中できなくなるので薄手の上着は持っていくことをおすすめします。

シートや芝生の上に座って見るときはひざ掛けは重宝しますよ♡♡

折りたたみ傘

夏はにわか雨が降りやすく不安定な気候。急な雨にも便利な折りたたみ傘です。

傘の存在は忘れがちです(笑)

折りたたみ傘だと邪魔にならないですし昼間の祭りで日差しが強い時は兼用であれば日傘代わりにもなるので。

コーディネートの参考になりましたでしょうか?お役に立てればとても嬉しいです♡♡

『花火』をBackに服装もおしゃれにコーディネートして夏のイベントを楽しみたいものですね(*´∀`*)

ここまで読んでいただきありがとうございました。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます♬