ご無沙汰しております(^o^)

子供の運動会が終わり(私は運動会係で…笑)落ち着いたところです。

秋は行事事多いので…私も頑張りますよ!!

10月に入り運動会が終わったと同時に朝晩はいっそうさむくなりましたね。

秋物の衣替えをしようかと思います。

テレビを見ていると秋冬に起こる『うつ病』があるんですって。

私は、春先~夏にかけてだと思っていました。

『うつ病』についてまとめてみました。

また、美容・メイク・ファッション・ダイエット・子育について気になる方はトップページよりご参照ください♡

最後に人気記事のURLものせておきますね♡

Sponsored Link

秋冬にも隠れうつ病があるんです!原因は?

知ったいましたか?秋冬に発症するとは全く知りませんでしたし思ってもいませんでした。

一度発症すると同じ時期に繰り返して引き起こるそうですよ。

原因としては、春~夏にかけて秋~冬は大幅に日照時間が短くなることから秋冬に障害が起こるとのことです。

発症時期としては、真夏日が終わる頃の9月末頃から始まり5月頃まで続きます。

とても長い発症時期になるので気づかないかもしれませんね。

しかし放っておくとずっと向き合っていかなければならない病気でもあるので注意してくださいね。

では、どんな症状がでてどんな方がかかりやすいんでしょうか?

Sponsored Link

うつ病はどんな症状?注意しておきたい体質の方は?

年齢別性別でいうと、20歳代前半の女性に多いのです。

この時期とは、新入社員の頃で仕事もなれない時期でもあるのでなかなかわからないかもしれませんね!

今思うと、大学卒業してから入社したOLの時期は仕事が慣れないせいか強いストレスを感じていた中

今から下記にまとめた『季節性うつ病』が多くあてはまっているような気がして仕事などのストレスと錯覚していたのかもしれません。

この症状を頭に入れておくだけで発見できるかもしれませんよ(._.)

bsshindoirodukihajimeta

季節性うつ病は…

●だるい

●10時間以上睡眠をとってしまう

寝ても寝ても眠い症状がある。

●寝付きが悪い

●食欲不振

いつも以上に炭水化物や甘い物を欲する。

●倦怠感がある

●イライラする

このような日常生活であることだと思われがちですがこのような症状がさまざまでてきます。

『真冬になると寒くてなかなか起きれない』または『日中ずっと眠い』と言うのは寒さのせいだと思っていましたが

疑う必要はありますよね(´;ω;`)

自己判断が一番怖いと言っていました。自分で判断せずに気になる方は、かかりつけのお医者さんへ受診することをおすすめします。

では、どうやった『うつ病』予防できるのでしょうか?

どうやったらうつ病予防できるの?

『季節性うつ病』がわかったところで予防はどのようにすればいいのかをまとめました。

この病気は四季ずっと続く病気ではありません。春頃になるとよくなってくるのです。

しかし、そのまま症状がひどい方は放おって置くと

毎年同じ時期から発症し、まれに重症化する恐れもあるので気をつけたいところです。

bsKAZU886_hinodetomachi

予防法としては…

●規則正しい生活

できれば早寝早起きは基本。忙しい方は遅くに寝たとしても、同じ時間に起きることが大切です。

朝日を浴びることが体を起こしてくれ、体内時計の調節にも最適です。

●3食きちんと食べる

赤ちゃんは『3食食べること』によって生活リズムがわかってきます。

このように人間の体は、食によって胃の中も調節されるので必ず同じ時間帯に食べることがベストです。

●なんでも完璧にやり過ぎない

頑張り過ぎると倦怠感やストレスが溜まりがちなので100%目標にせず

50%~70%も目標に行ってください。

人生長いので急がず焦らずですよ♡

●一度発症している方は、9月に入ってお医者さんにご相談

毎年発症してしまう病気なので、この時期に入る間に受診し処方箋等で予防することが重要です。

4点予防法をまとめましたが、なっている方もなっていない方も共通で自分にしかわからない症状です。

違う見方で自分の体を見直しながら早期発見をして自分の体は自分で守っていきましょうね♡

寒くなるので風邪には気をつけていきましょう(^o^)

ここまで読んでいただきありがとうございました。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます♫

塩浴の効果で美肌・美髪に!簡単に自宅お風呂で?

【春夏秋冬】季節変わり目の洋服選びは?気温別コーディネート集!

【簡単でお得】主婦でも自宅でお小遣いが増え貯まる!どうやって?

ルイボスティー効能や妊活効果は?赤ちゃんにもおすすめ!