みなさんはスカーフ持っていますか?

『この柄かわいい』『差し色にほしい』という思いで買ったりしていると思います。

小物として使えるアイテムなので…タンスの奥にお留守番?ってことありませんか?

スカーフって少し工夫することでアレンジは可能なんです。

アレンジ方法をまとめてみました。

他にも、美容・ダイエット・メイク・ファッションなど気になる方は【主婦のライフ】トップページからご参照くださいね♡

関連記事を最後にURLのせておきますので気になる方はご参照ください♡

Sponsored Link

スカーフは華やかに差し色アイテム!

実は、私は若い頃はスカーフを1枚も持っていませんでした。

理由としては…

●使い方がわからない

●選び方がわからない

●なんとなく年上の方が身につけそう

そんな理由で買おうとも思いませんでした。

私の母はそれと逆で多くのスカーフを一つの箱に収納していました。

デパートへ見に行ってはスカーフコーナーでぶらぶらと…(笑)

ある日、母が1枚のスカーフを私に『これ少し若者の柄だからあげるよ』と言われもらったのがきっかけになりました。

そこから首にストールやマフラーのように巻くだけで老けるどころか華やかになるじゃないですか!

それからスカーフアイテムに興味がでてきました。とても素材もナイロンで光沢がでて発色がいいんです。

冬のマフラーを巻く感覚でスカーフを巻くだけでいいんです(*´ω`*)

スカーフの良さをお分かりになられている方は…首元に巻くことをあきている方もいるのではないでしょうか?

スカーフを使ったかわいくておしゃれなアレンジ方法をご紹介します♡♡

Sponsored Link

スカーフを使ってバッグや髪型のアレンジ方法?

では首元に巻く以外にスカーフを使ったアレンジ方法をご紹介します。

バッグのアレンジ

外出するときに女性は必ず持っていくバッグ!

毎日使うのでなんだか飽きたりしませんか?

また、世の中には同じバッグも誰かが持っています。バッグにだって個性を出したいですよね。

スカーフで簡単に可愛く変身できるんです。

●取っ手にリボンとして身に付ける

CYMERA_20151002_074501

(写真1)

(写真1)のように取っ手部分に引っ掛けてあげてリボン結びをしてあげればバッグが個性的になります。

または、リボンを強調したくなければ片方の取っ手にリボンで結んであげることもいいですよ♡

●持ち手にぐるぐる巻き

 

丁寧にバッグを使っていても『持ち手の部分』は、キズがついたり手の汗で色があせたりしていませんか?

そんな時に上のように持ちでに巻くだけで隠すこともできますし

今から購入したバッグにも最初から巻いてあげるだけで新品のままで長持ちしますよ(*´ω`*)

髪型のアレンジ

次は、ヘアーの方もアレンジ可能です。

●ヘアバンド代わりに

 

こんな風に巻くこともできます。

お弁当箱を包む時の大きさがベストです。

大きすぎるとごわついてもっこりしてしまいます(^_^;)

●三つ編みの時にスカーフを使って

少し上級編ですが、三つ編みをするときに1本をスカーフとして巻いてあげます。

①いつものように何段か三つ編みする

②途中で挟むように入れ込みながら編みこむ

①、②がむずかしい方は、編みこむ前に見えないようにピンでスカーフをとめてから三つ編みしてあげるとうまくできます。

スカーフ=首元と思いがちで収納したままの方はもったいないですよ(._.)

アレンジしてスカーフを差し色に使ってあげましょう♡♡

ここまで読んでいただきありがとうございました。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます♫