毎日掃除していても出てくるのがゴミ

でもそれは生活しているからこそ出てくるものだと思います。

一年の締めくくりには必ず大掃除をするという風習も日本ありますよね~。

なぜするのでしょうかね?

今年のほこりやゴミを綺麗に掃除して新たな気持になって来年もいい年であるように…など

来年に向けて新たな出発でもあるのでしょう(*^_^*)

じゃあどのようにすれば効率のよく掃除ができるんでしょうかね。

掃除の手順から方法までまとめてみました。

また、美容・メイク・ファッション・ダイエット・子育について気になる方はトップページよりご参照ください♡

Sponsored Link

どうして掃除をしているのにほこりやカビが発生するの?

毎日お掃除している方やお仕事で忙しいため週末される方ライフスタイルによっていろいろいらっしゃると思います。

毎日していても必ずゴミはでてきますし、特に数日家をあけた旅行などから帰ってきた時でもほこりがチラホラ片隅にあったりしますよね(((^^;)

これってなんで?って思っている方もいると思いますが、天井のほこりやタンスのほこりなどが床に落ちるからです。

お布団を敷くときにもお布団のわたなどからタンスの上や電気の上にのるためほこりとなって掃除をしてないとつもっていきます。

私たちが歩くだけでも小さな床に落ちているほこりがまっているのです。ほこりなしでの生活は不可能なのです。

それは自宅でも会社でも一緒なのです。特に会社は社員やお客さんなど人が多く行き交う場所ですからなおさらです!

冬の時期は特にですが、日本は湿度が高いため結露が発生しますよね。結露は部屋と外の気温差で発生されると言われています。

それを放っておくと、カビの原因にもなるのです。カビは放っておくとなかなか頑固でとれなくなりますよ。

私は結露防止のためにあらゆる対策をとっていますよ♪対策や便利グッズを下記にご紹介します(⌒0⌒)/~~

Sponsored Link

準備したら役立つ洗剤や便利グッズは?

掃除の基本には、ほうき・ちりとりや掃除機、雑巾といった道具が必要になりますが、これだけでは頑固な汚れは落ちませんよね。

ではそれ以外にどんな物を準備するといいのでしょうか?

重曹

お手軽なお値段で売っている重曹はかなり幅広く使用することができます。

この大きさで\100以下でしたよ(*^_^*)経済的でよね。

CYMERA_20150917_171659

使い方

◎スプレーを使って汚れを落としたい場合

準備するものは、重曹・40℃以下のお湯・スプレー

用途:ガラス窓・窓のみぞ、キッチンの台、冷蔵庫の中、照明器具、フローリング、洗面台の鏡など

作り方は、スプレーの中に40℃以下のお湯を100ccに対し3~4g入れて溶かしてあげると完成です。沈殿もせずにサラッと溶けます。

気になる黄ばみ・台所・会社の机の汚れなどのそれぞれの部分に吹きかけて吹くだけで簡単に取れます。

それでも取れない時は、スプレーした後に10分ほどティシュや台拭きで覆うようにかぶせてから拭くと力入れることなく取れます。

◎頑固な汚れを落としたい場合

用途:トイレの便器、バルコニーの床、玄関先、お風呂場など

使い方は、浴槽などのタイルは、直接重曹を適量かけて20分ほど置いてから優しくふきとるだけです。

用途:台所の換気扇、ガスコンロなど

作り方は、耳たぶの硬さくらいのペースト状にしてその汚れに応じて少し置いてあげると取れますよ。

重曹はいろんなものに変身できると同時に匂いを消してくれる消臭効果もあるので

掃除以外の調理としても使えるので害もなくお子さんがいる家庭でも優れものなんです。

最適グッズ

気温差で発生してします。水滴が多ければ多いほど水滴が下に落ちて床におちそれを放おっておくとカビの原因になります。

カビを放おってだんだんと床がくされていき、数年後には補修するほどいたみやすくなってしまいます。それを事前に防ぐことが必要です。

CYMERA_20150911_082926(写真1)

(写真1)は100均で見つけました。この道具で結露防止ができ秋・冬はそれにお世話になりっぱなしです。

準備するものは、100均で購入した(写真1)の付属品・からになったペットボトル

使い方は、ちりとりのようになっていますが、下から上にスライドさせて水分をとってあげるとペットボトルに入っていきます。

溜まった水滴は、上の部分を取ってあげて捨てるだけです。

掃除洗剤や便利グッズを用意して、効率よく掃除するための順番をお教えしますよ(*^^*)

大掃除に順番は必要!段取りよく掃除スケジュール教えます!

掃除には順番は必要なんです!ほこりは上から下に落ちていくので上から掃除していくのが基本です。

簡潔にスケジュール感覚でまとめてみました。

効率よく掃除する方法

毎日やっておきたい場所:流し台のシンク、洗面台の鏡拭き

週に1回はやっておきたい場所:ガスコンロまわり、トイレ掃除、お風呂場・洗面台の排水口、エアコンフィルター、玄関

自分で生活習慣として毎日もしくは週1やっていくと、油のこびりつきや水あかなどの頑固な汚れにはなりませんし毎日することによって年末の大掃除の時も楽になりますよ\(^o^)/

大掃除の場合:照明器具⇒カーテンレール⇒網戸⇒エアコンのフィルター⇒タンス棚などの家具の上⇒掃除機⇒床拭き

逆に掃除してしますと床にホコリだらけになってしまいます。

大掃除は一気にやるという意味ではないと思っています!

いかにして効率よく掃除するかが自宅や会社でもきれいな空間を人間がつくり上げるものなのだと思います。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます♫